ビフィズス菌の特徴とは?

MENU

ビフィズス菌の特徴とは?

本当にたくさんの種類があり、どの乳酸菌を飲んでいけば良いのか悩んでしまっている人も多いでしょう。乳酸菌の中でも幅広い人に名前が知られている「ビフィズス菌」の特徴についてみていきたいと思います。

 

悩んでいる人はそれぞれの特徴を把握しておくと選びやすくなりますよ。乳酸菌はすべてが同じような作用をもっているわけではなく、胃酸に弱いものや強いものなど特性はもっているものです。

 

空気を嫌う乳酸菌

乳児の弁から発見されたビフィズス菌は、嫌気性と呼ばれる特徴をもっています。
嫌気性とは酸素がない環境でなければ育つことはできない菌のことです。

 

ほかの乳酸菌は酸素がある環境でも育つことはできるのですが、ビフィズス菌はその逆となっています。よって、空気のない人や動物の体内で数を増やすことができるようになっています。

 

空気が必要なくとも働くことができる強い乳酸菌なのです。

 

酢酸を生み出すことができる

普通の乳酸菌は酢酸を生成することはできませんが、ビフィズス菌は腸内に入ると乳酸だけでなく酢酸も生成します。酢酸は強い殺菌作用があり、悪玉菌でうようよしている腸内をキレイに掃除してくれるのです。

 

大病の原因となる菌が腸に存在しているのであればその菌を外に排出してくれます。

 

強い殺菌作用のある酢酸の数は非常に多くなり、より健康的な腸内環境にすることができるでしょう。酢酸を生み出すことができるのはビフィズス菌独特の特徴です。

 

非常に強い乳酸菌

乳酸菌の中には口から摂取すると胃酸や胆液で腸に届くまでに死滅してしまうものもあります。腸に届くまえに消えてしまうと摂取しても腸内環境を整えることができず、効果は期待できません。

 

しかし、ビフィズス菌は胃酸などに強い乳酸菌となっており、消えることなく必ず腸まで行き渡らせることができるのです。とても強い乳酸菌は飲み続けると次第に効果が実感できるでしょう。

 

いかに強い乳酸菌を選ぶかどうかでサプリメントの効果も変わってきます。しかもサプリメントの場合は食品と違って胃酸に強いコーティングをしているので、より生きたまま腸まで届ける事ができるわけです。