整腸作用

MENU

ビフィズス菌サプリを飲む事による効果〜整腸作用

ビフィズス菌サプリメントで整腸作用を得られるメカニズムについて調べてみましょう。

 

ビフィズス菌は人間の腸内いて、乳酸と酢酸を生成して腸が健康にぜん動運動をするサポートをしてくれます。悪玉菌は体内でエネルギー生成を阻害するアンモニアやアミンなどの有毒物質を作り出しますが、ビフィズス菌は人間が健康に生きて行くための必要物しか作りません。

 

腸はぜん動運動を起こすのに弱酸性の環境でなければうまく動くことが出来ないのですが、悪玉菌は動きにくくするアルカリ性に傾けてしまいます。ビフィズス菌が作るのは酢酸と乳酸ですから、腸が適切に動いて不要物を排泄し、便秘や下痢など間違った動作をしないように整えてくれるのです。

 

このビフィズス菌ですが、睡眠不足が続いたり、ストレスが続いたりすると死滅して減少してしまいます。残業ばかりで疲れがたまっている時などに、便秘になったり下痢になったりしませんか?

 

ビフィズス菌が減ると腸にすぐあらわれる

 

腸内のビフィズス菌が減ると、それは腸の不調となってすぐに現れます。

 

同じく強いストレスを感じると便秘や下痢になる人がいますが、精神的なダメージを受けてもビフィズス菌は死滅して数を減らしてしまいます。

 

ビフィズス菌が大幅に減ってしまった後で取り返そうとしてもなかなかうまく行きませんから、普段から変わらず定期的にビフィズス菌を補給しておくのが一番良い方法です。

 

腸内のビフィズス菌の数を知ることは通常できませんが、排便の状態をチェックしておけばおおよその予測は出来ます。ビフィズス菌のサプリメントは薬ではありませんので、お腹の調子がおかしくなってから補給するのではなく、普段の食事として摂取しておくことが一番です。

 

お腹が痛くなってから飲んでもすぐには間に合いませんし、回復するまでに時間がかかりますので、普段から転ばぬ先の杖を持っておくことが大事なのです。ビフィズス菌は、悪玉菌が作ってしまった有害物質や、外部から入ってきた有害物質を排泄してくれるはたらきもあります。