ビフィズス菌の効果的なとり方

MENU

ビフィズス菌の効果的なとり方

身体にとても良いビフィズス菌ですが、そのとり方には何か良いタイミングや方法があるのでしょうか?どうせ摂るならベストな方法を知りたいですから、ちょっと調べてみましょう。

 

まず最初に、ビフィズス菌を腸内に入れた時にどういうことが起きるかと言うと、その入れた菌がそのまま棲みつくというわけではありません。

 

食べた菌は、長くて数ヶ月間そこにいますが、ほとんどは数日で出て行ってしまいます。

 

でもそうした菌が入って来ることによって、腸内が刺激されて自分の持っている菌が活性化するのです。よそ者が定期的に入って来ては出て行くことで、そこの世界が活性化するというのは面白い話ですよね。

 

ただ、菌が合う合わないというのは個人差があるそうで、自分に合わない場合は菌を変えたほうが良いそうです。同じビフィズス菌でも合う合わないがあるので、そうした時には菌株を変えてみると良いでしょう。

 

だいたい2週間くらい様子を見て、変化がなければ変えると良いです。
ビフィズス菌サプリにもいろいろありますので、製品を選んでみましょう。

 

ビフィズス菌を取るベストなタイミングとは?

 

タイミングとしては、ビフィズス菌は食後に摂るのがベストです。

 

ビフィズス菌は死菌であっても腸内の活性化にはなりますが、少しでも長く生きた状態で留めたいなら胃酸が強い状態は避けるべきだからです。人間の空腹時の胃酸はとても強いので、食事をして胃酸が弱くなったところに入れるのが良い方法でしょう。

 

最初から死菌の場合はこの限りではありません。

 

また、いっしょに食物繊維を摂るのが上級者です。
というのも、ビフィズス菌などの善玉菌は食物繊維が大好きで、それを餌をしてより活性化するからです。ヨーグルトならドライフルーツなどを合わせるのは理想的ですね。

 

オリゴ糖という天然の糖分がありますが、あれは人間の腸内では吸収出来ませんのでカロリーオーバーになることがなく、腸内でビフィズス菌の大好物となるので一緒に摂るのは良い選択です。

 

サプリメントの中には配合されているものもありますので、ベストマッチと言えますね。