ビフィズス菌のはたらき

MENU

ビフィズス菌のはたらき

ビフィズス菌のはたらきを知るには、まずビフィズス菌が減少するとどんな不調が出てくるのかを知るとその大切さがわかるかもしれませんね。まず、ビフィズス菌に限りませんが、善玉菌が腸内で減ってしまうと、それだけ悪玉菌が勢力を増してしまいます。

 

悪玉菌は有毒ガスを発生させたり、腸内の老廃物を腐敗させたりして腸内をアルカリ性に傾けてしまいます。実は腸は弱酸性でなければうまくぜん動運動をすることが出来ず、アルカリ性に傾くと動きを止めてしまいます。そうなると余計に悪玉菌にとっては好都合で、排泄されない老廃物を好き勝手腐敗させて身体に大きな害を与えてしまうのです。

 

日和見菌は、悪玉菌が強くなるとあっという間に悪玉菌の手下になって余計に悪化を加速させます。

 

腸内に溜まった毒素は腸の壁から吸収されて血管の中に入り、血液に溶けてからだじゅうをめぐります。便秘が続くと肌から吹き出物が出てきたりしますが、これは血液が汚れてしまった合図かもしれません。腸内が人間の健康や美容をコントロールしている面もあるのです。

 

ビフィズス菌は医療の分野でも活躍

 

ビフィズス菌などの善玉菌は、酢酸を作って腸を元気に動かし、ビタミンB1やB6、B12、葉酸などを産生します。最近では透析患者の血清の中のリンの濃度を下げる作用もあることがわかって来ていますし、免疫を調整する作用が認めるられるなど医療の分野でも大きく貢献している菌です。

 

たかがビフィズス菌などど言っていられないほど、私たちは毎日腸内のビフィズス菌に助けてもらっているのです。まさに共生・共存していると言っても過言ではありません。

 

ビフィズス菌が腸内にたくさんあると、便秘や下痢は起きにくくなりますし、免疫力がアップします。免疫力が上がるということは、風邪をひきにくくなったり、インフルエンザなどにかかりにくくなったりするということ。

 

毎年インフルエンザの流行期間にまったく菌を寄せ付けていないかのように元気な人がいますが、それは腸内から目に見えない強力がバリアが張られているのかもしれませんね。