大腸がんなどの予防にも効く

MENU

大腸がんなどの予防にもビフィズス菌が効く

かなり深刻な話ですが、日本人は50年前に比べて大腸がんなどの腸の病気になる人が増えているという結果が出ています。がん統計白書などによると、なんとその数は10倍にも及ぶと言うのですから、なんとかしなくてはいけない数字ですよね。

 

原因は、欧米式の食事が増えて、高脂肪の食材を摂る回数が増えたり、肉などの高タンパクなもの、高カロリーな食事だと言われています。食の欧米化がこれほまでに日本人の腸に負担をかけることになるとは、気付くことが出来ない盲点でした。

 

何故欧米式の食事でガンが増えたのか?

 

なぜ欧米型の食事が良くないかと言うと、日本人が肉食中心の生活をすると腸内細菌のバランスが崩れて悪玉菌が優勢になってしまうからです。消化し切れない肉を腸内で腐敗させる腐敗菌も増えて、これが腸の大きな病気を引き起こしてしまうわけですね。

 

特に腐敗菌は腸内に余ったコレステロールなどを発ガン性物質に作り変えることが指摘されています。悪いものが悪いものを作り出しやすい環境を提供してしまうことになるわけです。

 

日本食は穀類が中心で、野菜と魚、摂るとしても鶏を少々といった内容ですよね。
こうした食事をしていた頃は、日本人にはがんがほとんどありませんでした。

 

特に大腸の病気は少なく、健康長寿の国と呼ばれていたのも事実です。

 

今でも和食は世界的に見ても最優良の内容を持ったバランス食と言われていますから、なんとなく内蔵に元気がないという人、年齢と共に疲れやすくなって風邪をひきやすくなったという人がいたら、今からでも食事の内容を見直してみてはいかがでしょうか。

 

ただ、文化や生活様式と共に食生活が変化するのは自然なことですし、誰にも止められるものではありません。必要なのは自分でそれを知ることで、足りないものがあるなら意識的に違った形でも補給をするという姿勢が大事なのです。

 

かたくなに昔ながらの方式を守らなければいけないわけではなく、うまく技術を生活に摂り入れればいいのです。サプリメントなどはその代表的なものではないでしょうか。