ビフィズス菌と乳酸菌の違い

MENU

ビフィズス菌と乳酸菌の違い

ビフィズス菌と乳酸菌は同じ成分であると思っていませんか?この2つの成分、実は全く違う成分なのです。どちらも健康な体には不可欠な成分ですが、一体どこが違うのでしょうか。                       

乳酸菌はビフィズス菌をサポート

ビフィズス菌と乳酸菌は腸内に存在する善玉菌に含まれています。善玉菌の約99%がビフィズス菌といわれているので、乳酸菌の数に比べ、ビフィズス菌の数が圧倒的に多いことがわかりますね。

 

実は乳酸菌はビフィズス菌をサポートする役割を担っているのです。
乳酸菌が増えると自然とビフィズス菌も増え、その結果として善玉菌の数が多くなります。

 

善玉菌が増えると悪玉菌の比率が低くなりますので、腸内環境を良好に保つことができますね。
つまり、乳酸菌とビフィズス菌のタッグ力が悪玉菌をやっつけてくれるのです。

 

また、乳酸菌は乳酸だけを作り出していますが、ビフィズス菌は乳酸だけでなく、酢酸をも作り出しています。酢酸は強い殺菌力をもち、健康を維持する上で重要な成分となりますので、ビフィズス菌を増やすことはとても大切です。

 

つまりはビフィズス菌を増やす働きがある乳酸菌の摂取も極めて重要なのです。                                         

 

乳酸菌は体内には存在しない?

乳酸菌はビフィズス菌をサポートする重要な成分です。しかし、実は人間の体内にはごくわずかしか存在しません。その数はビフィズス菌の約1/10,000〜1/100の少なさとされています。

 

乳酸菌は人間の体内だけでなく、自然界にも生育しています。ヨーグルトや牛乳などにも含まれ、漬物や味噌、醤油といった発酵食品にも乳酸菌が含まれています。

 

ヨーグルトには必ずビフィズス菌が入っている?

ヨーグルト=ビフィズス菌のイメージがありますよね。しかし、実際のところはヨーグルト=乳酸菌なのです。ヨーグルトには必ず乳酸菌は含まれていますが、ビフィズス菌は全てのヨーグルトに含まれているとは限りません。

 

もちろん乳酸菌が含まれているヨーグルトは腸内環境を良好にする働きがあります。
それにビフィズス菌が加われはさらに強いパワーを発揮します。

 

乳酸菌とビフィズス菌のタッグ力により、腸の働きを活性化し、健康を促進する働きがあります。