便秘薬よりもビフィズス菌が効く

MENU

便秘薬よりもビフィズス菌が効く

便秘を解消することができる、整腸作用のある成分として知られているビフィズス菌を摂取している人のほとんどが便秘で悩んでいる人だと思います。

 

便秘は長く続けば続くほど大腸ガン、動脈硬化など命にかかわる大病にかかってしまう恐れがあるものです。できるだけ早いうちに改善しておくことが重要なポイントとなるでしょう。

 

便秘を解消するために「便秘薬」を使えばよいのか、それともビフィズス菌といった乳酸菌がよいのか、どちらが効果的なのでしょうか。

 

便秘薬とビフィズス菌の違い

便秘薬は作用が非常に強いものから弱いものまで幅広い商品が発売されています。

 

最初はあまり刺激を与えてしまうと体に負担がかかってしまうので作用が弱いものから使っていかなければなりません。便秘薬を飲めば便秘を改善することができると思いがちですが、あくまで排便するリズムを整えることに重点を置いています。

 

解消するためにつくられているわけではないのです。
よって、生活習慣や食生活を見直す必要もでてくるでしょう。

 

便秘薬に頼りすぎてしまうと薬がなければ解消することができない体質になってしまうので要注意です。一方、ビフィズス菌は腸内環境を整えてくれる善玉菌を腸内で増やしてくれ、もとから体内に備わっている物質でもあるので安心して摂取することができます。

 

サプリメントや乳酸菌飲料系によって1日の摂取量が決められているのでそれだけは守ってください。便秘薬は排便リズムを整える働き、ビフィズス菌は腸内環境を整えてくれる働きがあります。

 

便秘薬よりもビフィズス菌がオススメ!

便秘薬には刺激物が多く含まれているため、オススメはやはりビフィズス菌の方です。
食材から摂取することができる成分ですし、副作用の心配もありません。

 

ビフィズス菌は整腸作用だけではなく、免疫力を高める効果や血糖値・コレステロールを抑制する効果も備わっています。ビフィズス菌が含まれているヨーグルトを毎朝フルーツと一緒に食べると効果的です。

 

便秘薬は頼りすぎると自然な免疫能力を失う可能性がありますが、ビフィズス菌は毎日摂取することで自分の本来の体の力がよみがえり、機能が活性化します。

 

免疫力の向上とともに、自然と老廃物や毒素も排出することができるので良いですよ。