ビフィズス菌サプリメント

MENU

ビフィズス菌サプリの効果が凄い!

★ビフィズス菌を効果的に増やす!

 

乳酸菌にはさまざまな種類がありますが、その中でも「ビフィズス菌」という言葉に聞き慣れている方が多いと思います。

 

多くの健康効果や美容効果で話題になり、ビフィズス菌が含まれているヨーグルトや発酵食品など多くの商品が販売されています。

 

ヨーグルトなどの食品からビフィズス菌を取ろうとしても、どうしても胃酸で死滅して生きたまま腸まで届かないので、生きたまま腸まで届くように加工してあるサプリメントを摂取するのが最もオススメです。1粒に凝縮しているのでその効果も高いです。

 

サプリメントは多くのビフィズス菌を手軽に摂取することができるので忙しい方や不規則な食生活を送っている方にもオススメです。

 

ビフィズス菌サプリメントを飲む事で期待できる効果は?

 

●腸内の善玉菌を増やしてくれる

ほとんどのビフィズス菌サプリメントは、腸までビフィズス菌を届け、善玉菌を増やすことができるようにつくられています。善玉菌は腸内にある毒素や老廃物、悪玉菌をすべて外に排出してくれる働きをもっています。

 

腸内にたくさんあればあるほど健康的な腸を保ち続けることができるのです。

 

乳酸菌サプリメントはいかに腸にまで届けることができるのかが課題として挙げられていました。腸まで届くまえに胃酸などで死滅してしまう乳酸菌が多かったのでサプリメントを飲んでも効果は現れないものが多かったのが事実です。

 

しかし、ビフィズス菌は胃酸に強い乳酸菌であり、サプリメントとしても腸にまで届けることができます。生きたまま腸まで届けられることで腸内の善玉菌を効果的に増やす事ができます。

●さまざまな効果

ビフィズス菌の主な効果は整腸作用・便秘解消」「免疫力の向上・病気の予防」「花粉症予防」「コレステロール対策」「美容効果です。腸内環境を整えてくれる働きがあるので溜まっている便をすべて排出してくれるでしょう。

 

便秘はできるだけ早く解消しておかなければなりません。ビフィズス菌サプリメントを飲んでいる多くの人が便秘解消のためですが、効果はそれだけではありません。

 

ほかにも弱ってしまったからだを守るための免疫力を高めたり、アレルギー症状の緩和、貧血予防、コレステロールの抑制などさまざまな効果があります。

 

生活習慣病として高血圧や高コレステロールが挙げられていますが、ビフィズス菌のサプリメントでかカバーすることができるでしょう。

 

健康に関する効果だけではなく、美容効果も期待できます。

●毎日飲み続けることが大事

サプリメントはあくまで“健康補助食品”なので薬のように即効性はありません。

 

人によっては服用し始めてから数日〜1週間後すぐに効果が現れる事もありますが、基本は1ヶ月〜3ヶ月ほど飲み続ける必要があると思っておいてください。

 

サプリメントにも合う合わないがあるので最低3ヶ月は飲み続けても一向に効果が現れない場合はほかのビフィズス菌サプリメントに変えてみることをおすすめします。

 

↓効果的にビフィズス菌を増やすならコレ!


ビフィズス菌配合サプリメントならコレ!

9種類もの乳酸菌が手軽にとれる!
  • ビフィズス菌を含む9種類の効果的な乳酸菌を配合
  • 有胞子乳酸菌と耐酸性カプセルで生きたまま腸に届く
  • 添加物も不使用で安心安全の国産のサプリメント
価格

単品62粒:2,880円(税込)
定期62粒:2,730円(税込)

乳酸菌 ビフィズス菌、ラブレ菌、ガセリ菌、ラクトバチルス アシドフィルス、ラクトバチルス ブルガリスク、ラクトバチルス ガッセリー、ラクトバチルス ブレビス、ラクトバチルス カゼイ、ラクトバチルス ヘルベティカスなど

1日1包を摂取するだけのスティックタイプ!
  • ビフィズス菌を含む5種類の乳酸菌を配合したスティックタイプ
  • 小腸・大腸でしっかり働く赤ちゃん由来の乳酸菌
  • スティックタイプでジュースや牛乳に混ぜて飲める!
価格

お試し30包:980円(税込)
単品30包:1,980円(税込)

乳酸菌 ビフィズス菌、ラブレ菌、ガセリ菌、ラクリス、乳酸菌抽出物LFKなど

1日2粒で5000億個もの乳酸菌が取れる!
  • 圧倒的!乳酸菌5000億個を毎日手軽にとれる
  • ビフィズス菌を含む合計8種類の選び抜かれた乳酸菌
  • ビフィズス菌以外も同時に大量にとりたいならオススメ
価格

単品60粒:6,000円(税込)
定期60粒:3,000円(税込)

乳酸菌 ビフィズス菌、植物性ナノ型乳酸菌、有胞子乳酸菌、植物性ラブレ菌、フェカリス菌、ケフィア菌3種など

ビフィズス菌と他の乳酸菌との違いとは?

ヨーグルトやチーズ、乳酸菌飲料系の中に含まれているビフィズス菌。

 

さまざまな種類の乳酸菌がこの世に存在していますが、ビフィズス菌と他の乳酸菌にはどのような違いがあるのでしょうか。

 

腸の調子を改善するために摂取する人は多いです。

 

しかし、しっかり乳酸菌について知識をもっていないと、効果のない乳酸菌を摂取し続けてしまうことにも…いつか効果が現れるだろうと思っていてもその時間が非常にもったいありません。

 

ビフィズス菌は腸に存在し続けることができる

ビフィズス菌とその他の乳酸菌の違いは「腸に存在し続けることができる」かどうかにあります。

 

通常の乳酸菌は腸にまで届くこともできずに胃酸に溶けてしまい、たとえ腸まで届いたとしても、維持することも数を増やすこともできません。しかし、ビフィズス菌は酵素に強いので腸の中で維持し、保ち続けることができるのです。

 

酵素に弱い乳酸菌もすぐなくなってしまいますが、酵素に強いビフィズス菌であれば量をどんどん増やしていき、腸内環境を悪化させる悪玉菌を排出することができるでしょう。

 

酵素に強いか弱いかで得られる効果がずいぶんと変わってきます。
腸内環境を確実に整えたいのであればビフィズス菌はオススメです。

 

大腸に存在している乳酸菌

もとから体内に存在している乳酸菌ですが、ビフィズス菌は「大腸に存在している乳酸菌」です。
大腸にもともと備わっている成分でもあるので腸内環境を整えるにはぴったりの乳酸菌と言えます。

 

乳酸菌を摂取すると腸内で善玉菌となり、蓄積されている老廃物や毒素を排出し、キレイに掃除をしてくれる働きがあることはほとんどの人が知っているでしょう。

 

ほかの乳酸菌と違い、ビフィズス菌は特に整腸作用が高いといわれています。
その理由は生きたまま腸に届くこともありますが、乳酸だけでなく酢酸も生成されるからです。

 

酢酸を生成する乳酸菌はビフィズス菌以外存在していません。

 

ビフィズス菌ならではの特徴といえるでしょう。酢酸は強い殺菌作用があり、悪化している腸内にある不要な細菌をやっつけてくれます。大腸ガンを予防してくれる働きが期待できるのです。


ビフィズス菌の効果的な摂取方法は?

ビフィズス菌の効果的な摂取方法があれば知りたいと思いませんか?

 

ただ単に摂取していかずにより上手に吸収することができる方法があれば、その方法を利用した方が非常にお得です。

 

効果的な摂取方法について知り、効率的にビフィズス菌を体内に入れていきましょう。早くて1週間で効果が現れるかもしれません。

 

ビフィズス菌を効果的に増やす方法

 

●働きを高める食物繊維は最初に食べる

ビフィズス菌の効果を高める成分として食物繊維が挙げられますが、食物繊維が含まれている食べ物を先に食べておくと良いでしょう。先に食べ、摂取すると血糖値の上昇を抑制してくれる働きが活性化します。

 

血糖値も気になっている方は食べる順番に気をつけてください。食物繊維が含まれている食材は比較的噛む回数も増えるので満腹中枢がすぐに刺激され、ダイエット効果にも適しています。

 

●ビフィズス菌サプリメントと食品を併用する

主なビフィズス菌の摂取方法はサプリメントとヨーグルトや乳酸菌飲料系などの食料品からとなるでしょう。腸内にビフィズス菌があればあるほど善玉菌も増え、健康的な腸を維持できます。

 

サプリメントは1粒に凝縮されているので効率的に摂取することができますし、1日分のビフィズス菌を補ってくれるでしょう。食べ物や飲み物からも摂取していき、サプリメントも同時に利用していく。併用していくことで効果的に摂取することができるのです。

 

毎日サプリや食料品・飲料系で摂取すれば、ずっと腸の中にビフィズス菌を保つことができます。効果的にビフィズス菌を増やしたい方はサプリメントと食品を同時に活用するのがオススメです。

 

●お腹がすいている時に摂取する

ご飯を食べてから3時間〜4時間ほど経過すればお腹がすきはじめると思います。

 

そこでビフィズス菌を摂取するとより体内に吸収されると言われており、寝起きや寝る前よりも空腹時に摂取した方がオススメです。しかし、その人がビフィズス菌のどのような効果を1番に考えているのかによって摂取方法は変わってくるでしょう。

 

例えばピロリ菌を腸内から排除したいのであれば食前ではなく、食後から3時間後が良いです。整腸作用がほしい方は寝起きにサプリメントを飲むのが効果的です。